お金を借りる注意点
銀行でローンを組む時に他社借入が多いとお金が借りれないことがあります。収入に対して返済比率が高いと審査に通らないのです。

カードローン最大のメリットについて

急な現金の必要性を感じている人は、カードローンに申し込めば即日審査、即日融資をしてくれるのでとてもありがたい存在だと思います。

しかし、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの目的別ローンならば、むやみに借金をすることはできません。

カードローンの場合には利用使途が制限されていないので、いつでも何度でも借金ができてしまうのです。

ありがたいサービスだと思うのですが、いつでもどこでも何度でも借金をできる状態となってしまいます。

借金の歯止めが効かなくなり、リボ払いなどの分割払いを選択して、毎月支払う金額はそれほどでもないと思ったら大間違いです。

気が付いたときには、借金が雪だるま式に増えていて、毎月の返済すらできなくなる場合もあるのです。

用途限定は金利が安い

住宅ローンなどは、住宅を購入するための資金という融資ですので、安い金利で借りられることができます。

しかし、借金をする目的が定められていますので、他の用途でお金を使うことはできません。

カードローン会社は、消費者にお金を貸して、その金利分を利益の源泉としています。

ですから、しっかり、返済ができる人ならば、どんどんお金を貸したいと思うのです。

消費者にとってはありがたいと思ってしまうサービスですが、決して緩い条件ではありません。

しっかり返済ができなければ、借金地獄になり、債務整理をしなくてはならないことになってしまいます。

いつでも何度でも利用できるカードローンを利用することは危険だと考えた方がよろしいです。

むやみに借金をするべきではないのです。