お金を借りる注意点
銀行でローンを組む時に他社借入が多いとお金が借りれないことがあります。収入に対して返済比率が高いと審査に通らないのです。

カードローンなら利用使途が限られていない

カードローンを利用する人のほとんどは、利用使途が決まっていないので、いつでも利用できるメリットがあると思っているはずです。

住宅ローンや教育ローンなどの場合には、利用使途が限られているので、むやみに借金をすることはできません。

しかしメリットは、むやみに借金ができない分、金利が安いということです。

利用使途が限られていないということは、例えば、ギャンブルの資金としてお金を借りることもできるということです。

お金に無頓着な人はギャンブルをして大きな勝ちをすれば、すぐに返済できると考えている人が多いと思います。

ギャンブルで常に勝っている人などほとんどいません。

金利が高いので、借金をすればするほど、借入れ元本と金利分を返済しなければなりません。


今では、メガバンクなどでもカードローンのサービスを提供していますので、それほど金利など高くないのです。

もしくは金利はわかっていても、すぐに返済できるから大丈夫だと思っている人は、とても危険な状態だと思われます。

借金をする場合には、どのような目的で、どのように返済していくのかを考えることが第一条件です。

簡単に借金できるので、いつかは返済できると勘違いしている人も多いと思うのですが、逆にいつでも借りられることが大きなネックになるのです。

ですから、カードローンを利用する場合には、本当に利用しなければならないのかということを考えなくてはなりません。

一攫千金を目指してギャンブルなどのためにお金を借りる人は、人生が狂ってしまいます。